梁 取 城
福島県南会津郡只見町梁取字森戸沢
立地・構造
 梁取城は奥会津伊南川の中流域、北岸の丘陵上(標高544m 比高80m)に築かれた山城で、西側はサイカツ沢、東側は森戸沢で区画され、南側は伊南川に面した侵食崖になっています。全体の規模は東西150m×南北120mほど、城縄張りは段差・堀で仕切られた連郭構造で構築され、西から三の郭ーニの郭ー主郭ー北郭が配置されています。各郭の規模は主郭が東西20−25m×南北50m、二の郭が東西40m×南北50m、三の郭が東西15−20m×南北40mほど、郭の数は少ないものの比較的規模の大きい平場の集合体になっています。主郭の西側には高さ0.5mの低めの
梁取城 概念図
土塁が巡らされ、二の郭に繋がる虎口が西側中央に設けられています。また土塁は北⇒東側をめぐって高さ2−3mの土塁となります。主郭・二の郭間は高低差がほとんどなく、幅4−5m×深さ2−3mの堀で遮断され、主郭の優位性を担保するため主郭側に低いながら土塁が築かれたものと思われます。二の郭・三の郭間は高さ3−4mの切岸で区画され、切岸部分には明確な「横矢折れ」が見られますがっ、虎口は横矢に隣接して設けられておらず、三の郭から二の郭へは南側の側面から入っていたと思われます。このため二の郭の西側には導線だったと思われる1m弱の細長い窪地が見られ、二の郭から横矢がかかる構造になっています。主郭の北東側には5−6mの切岸で仕切られた北郭が配置され、主郭とは浅い堀で区画されています。「大手筋」は南西麓から、「搦手」は北東側稜線へのルートが想定されます。梁取城は規模は小さく、またシンプルな構造になっていますが、二の郭には「横矢折れ」の城塁が、主郭には内桝形状の窪地が見られるなど、比較的 新しいパーツが各所に敷設されています。郭の数こそ少ないものの各平場の規模は比較的大きく、恒常的な居住空間と捉えることもできるようです。また同地は横田山内氏と伊南河原田氏の「境目」に位置することから、軍事軍略上の要衝を守備する番城と推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。『新編会津風土記』には応長の頃(1311−12年)、葦名宗盛の家臣 三河権守宗景というもの築く」と記され、会津蘆名氏の家臣 三河権守宗景なるものが梁取城を築いたとしています。また成法寺観音堂には「奥州伊北郷梁取村成法寺 応長元(1311)年 大歳辛亥七月二十日 大旦那藤原三河権守宗景 住持遍照金剛 仏子良信 彩色 少輔公永賢円」と記銘のある木造聖観音菩薩座像が寄進されており、この三河権守宗景は長沼氏の嫡流 淡路守時宗の嫡子 左衛門尉宗員の孫 宗景と推測され、「会津南山」に入部した長沼氏の一族と思われます。応永10(1403)年、篠川公方 足利満直に従って陸奥に下向した山内通俊は「大沼郡」を所領として宛がわれ、以後 横田山内氏は金山谷を拠点に「伊北郷」に勢力を広げて領内各所に庶子家を分知しました。梁取城主 梁取氏は横田山内氏の庶流と伝えらられ、戦国末期の城主として「梁取左馬ノ丞」の名が伝えられています。天正17(1589)年6月、会津黒川城主 蘆名義広を「摺上原の戦」で撃破した米沢城主 伊達政宗は奥会津の国人衆に臣従を求めます。しかし横田中丸城主 山内刑部大輔氏勝と久川城主 河原田治部少輔盛次はこれを拒否し徹底抗戦の構えをみせました。このため同年7月、原田左馬助宗時率いる伊達勢は奥会津に侵攻し、横田中丸城を攻略して山内氏勝を水久保城に追い込みます。さらに伊達勢は河原田氏追討のため松坂峠を越えて「伊南郷」に侵攻し、「同年八月ニ十五日、梁取ヲ攻降シ、其ヨリ直二泉田へ働キ、即時二攻崩シ、城中ノ者共残リ無ク撫斬セシム」『伊達治家記録』)と梁取城和泉田城とともに伊達勢の猛攻撃を受けて陥落したと伝えられます。
歴史・沿革
梁取城 主郭・二の郭間の堀
メモ
横田山内氏領 伊南口の「境目の城」
形態
山城
別名
鶴ヶ城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・土橋・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成22(2010)年4月30日
梁取城は伊南川中流域、梁取地区東方の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上・右上) 中世、この地は横田山内領と伊南河原田領の「境目」に位置し、このため伊南川を挟んだ対岸には河原田氏の「境目の城」 和泉田城があります。でっ、城へは特に登山道はありませんが、南西麓から西側尾根に攀じ登り(写真左)、尾根筋を詰めると直に城に辿り着けます。(写真左下) なお近場には鶴ヶ城に対する亀ヶ城(梁取要害)があります。でっ、辿り着くのが三の郭になります。(写真右下) 規模は東西15−20m×南北40mほど、西側斜面の切岸はかなり甘くなっていますが、二の郭との高さ3−4mの切岸、塁線には明確な「横矢折れ」(?)が見られます。
二の郭(写真左上)
規模は東西40m×南北50mほど、西側縁部には低目の土塁が築かれ、内部は西側が1m弱ほど低い窪地状に普請されています(写真右上) たぶん、南⇒北方向に設定した導線に横矢をかけたものと思われます。
 
主郭・二の郭間は幅4−5m×深さ2−3mの堀で遮断され(写真右)、土橋で繋がっています。(写真左下) 堀自体は丘陵部を一直線に横断していると思いきや、実は主郭の北側に廻り込む横堀に変化しています。(写真右下)
主郭(写真左上)
規模は東西20−25m×南北50mほど、北ー東側縁部には高さ2−3mの土塁が築かれています。(写真右上) でっ、虎口部分には二の郭と同様の桝形を意識したと思われる窪地が見られます。
主郭から北ー東側は高さ6−7m切り落とした浅い堀で処理され、北郭に繋がっています。(写真左) 堀は主郭の東側に廻り込む横堀に変化し、主郭から北郭への導線を区画していたものと思われます。(写真左下) でっ、北郭は稜線に沿って東西2段に削平されているようですが、藪が酷く地表面の確認までは至らず。(写真右下) また北側稜線には出丸ー堀切もあるようですが、行っていません。