鱒 沢 館
岩手県遠野市(旧宮守村)宮守町上鱒沢
立地・構造
 鱒沢館は猿ヶ石川の北岸、笠通山(標高868m)から南方向に延びた支尾根の先端ピーク(比高330m 比高100m)に築かれた山城です。城の規模は東西150m×南北250mほど、城縄張りは頂部に構築された郭を中心に南側斜面を階段状に加工した単調な構造になっています。主郭は比較的まとまった平場になっている2段目の平場と3段目の平場と想定され、規模は2段目の平場が東西50−55m×南北15m、3段目の平場が東西70−80m×南北20−25mほど。2段目の平場の北縁に櫓台と思われる土壇が築かれています。(現在、八幡社が祀られています) また主郭背後の稜線続きは大小3重の堀切で遮断され、堀底は東・西
鱒沢館 概念図
側斜面に長く延ばされ館全体を囲郭する二重竪堀となっています。竪堀の規模は幅10−15m×深さ4−5mほど、一部は導線を兼ねたものと推測されます。同地は稗貫から遠野に繋がる街道筋を見下ろす高所に位置します。

 鎌倉初期、陸奥「遠野郷」に地頭職として入部した阿曽沼氏はその後、庶子家を領内に分知し、「遠野十二郷」(田瀬、鱒沢、小友、綾織、宮森、大槌、釜石等)を惣領支配します。そして阿曽沼領の西部に室町期(15世紀末頃か?)、横田城主 阿曽沼光綱の次男 守綱が鱒沢、小友を分知され、守綱は上町に拠して「鱒沢殿」と呼ばれました。鱒沢の地は遠野から江刺に繋がる街道の要地にあり、阿曽沼領の西端に位置することから、西方に対する抑えとして鱒沢館は守綱により築かれたと推測されます。その後、鱒沢氏は明応8(1499)年の「大崎一族の内訌」、天文11(1542)年の「天文伊達の乱」(伊達氏の内訌)で葛西太守晴胤からの出陣要請に名が見えるなど、惣領 阿曽沼氏から なかば独立した勢力に成長していたものと思われます。天正19(1591)年の「奥州仕置」後、阿曽沼氏は南部氏の支配下に置かれ、南部大膳大夫分国之内諸城破却共書上』「閉伊郡之内 増沢 山城 浅沼忠次郎 持分」と記されています。(破却されずに城は残置) 慶長5(1600)年、鱒沢左馬助広勝は最上出陣中の鍋倉城主 阿曽沼孫三郎広長の留守を衝いて上野広吉、平清水平右衛門とともに謀反を起こして「遠野郷」を領有します。このため広長は遠野に戻れず妻の実家 気仙郡世田米城に居住しました。その後、広長は伊達政宗の支援を受けて遠野奪還を目指しましたが、南部の支援を受けた鱒沢勢の堅守に拒まれ、遠野奪回に失敗し阿曽沼氏は没落しました。また鱒沢広勝も阿曽沼広長との戦いで討死にし、広勝の嫡子 忠右衛門広恒は南部の家臣となりましたが、謀反の嫌疑をかけられて誅殺され鱒沢氏は断絶となりました。
歴史・沿革
鱒沢館 東側の竪堀(内堀)
メモ
遠野阿曽沼氏の庶子家 鱒沢氏の「要害」
形態
山城
別名
鱒沢城・上町館 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
長泉寺の駐車場借用
訪城日
平成17(2005)年6月22日 平成26(2014)年4月11日
鱒沢館は猿ヶ石川の北岸、上町地区背後の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー南西側からの遠景 写真右上ー南西麓からの近景) でっ、館山の南西麓に天正2(1574)年、鱒沢広勝創建と伝えられる長泉寺があり、管理人はここからアプローチしました。(写真左ー長泉寺山門) 長泉寺の裏に山道らしきものがありますが(写真左下)、これは歴代住職の墓所への参道で 墓所から直登になります。でっ、約30mほど斜面を登ると南側の横堀に辿り着きます。(写真右下) 堀は深さ3−4mほど、西側の外堀に連続しています。
でっ、横堀から上位郭へは坂虎口らしき山道がありますが、往時の遺構なのかは不明。(写真左上) その上位郭は幅6−8mほど、縁部に低めの土塁が築かれた横堀状の郭で西側の二重竪堀の内堀に連続しています。(写真右上) でっ、堀と上位郭との高低差は4−5mほど、東端に八坂神社が祀られています。(写真右)
(写真左下) 西側の二重竪堀(内堀)、規模は幅10m前後、郭側の切岸は高さ4−5m、中土塁は高さ3−4mほど。南西部に郭に登る導線(坂虎口)があります。(写真右下)
鱒沢館の南側斜面は3−5mの段差で画された6−7段の不規則な段郭群に加工され、特に下部はケッコウ傾斜のキツイ平場になっています。(写真左上ー6段目の郭 写真右上ー4段目の郭) でっ、3段目の郭の規模は東西70−80m×南北20−25m(写真左)、2段目の郭が東西50−55m×南北15mほど(写真左下)、たぶんこのふたつの平場が主郭に相当するのでしょう。でっ、2段目の平場の北縁に東西15m×南北7−8mの平場(最上段の郭)が設けられ 八幡社が祀られています。(写真右下)
(写真左上) 最上段の平場(上から)
(写真右上) 削り残しの大土塁、規模は下幅7−8m×高さ3−4mほど。
大土塁の背後は大小3条の堀切で笠通山に繋がる稜線を断ち切っています。でっ、1条目の堀切は幅10m×深さ5−6mほど(写真右)、東・西側に延びた堀底は東二重竪堀の内堀、西二重竪堀の内堀になっています。(写真左下・右下ー東二重竪堀の内堀、規模は幅15m×深さ5−6mほど)
2条目の堀切は幅10m×深さ2−3mほど、浅いものですが堀底は1条目の堀切同様、東・西側の内堀になっています。(写真左上ー堀切 写真右上ー西側の竪堀(内堀)へ) 
3条目の堀切は規模が小さく 幅5−6m×深さ2mほど、堀底に土橋が設けられています。(写真左) でっ、堀底はそのまま東・西側の二重竪堀の外堀に繋がっています。(写真左下ー東側の外堀 写真右下ー西側の外堀) ちなみに東側の堀の外側(北側)にも竪堀が見られ、鱒沢館はここで完結します。
秋田の中世を歩く